2008年06月17日

天使の梯子 村山 由佳

天使の梯子/村山 由佳

「天使の卵」の続編。ジャンルは同じく恋愛小説です。

うん。「ヘブンリーブルー」にすべてを持っていかれました。「ヘブンリーブルー」があれば、「天使の梯子」いらないんじゃないか、と。でも、読んでないとわかりませんけどね。
最後の歩太の部屋での夏姫と春妃の話は結構よかったです。「天使の卵」の残されたものの話で。
この話は主人公と夏姫の話でもあるし、夏姫と歩太の大人になってからの話って気がします。

「ヘブンリーブルー」を先に読んだのが悪かったです。2つの話の名台詞、名シーンを集めたのが、「ヘブンリーブルー」でした。でも、「ヘブンリーブルー」でも出てきた、夏姫が中学教師時代に好きだった、詩が宮沢賢治の「告別」だというのでもひとつの収穫(?)でしょうか。
posted by 梅みくじ at 23:43| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだ本の話(〜H21.3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

べたべたの恋愛小説:天使の梯子
Excerpt: 天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)作者: 村山 由佳出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/10メディア: 文庫 本書のタイトルとなっている天使の梯子とは、雲間から日..
Weblog: 本読みの記録
Tracked: 2008-06-29 21:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。